ニュース:MAIBレポート - STOLT GROENLAND号

News & Insights 3 August 2021

This article is also available in other languages:


Written by

英国船舶事故調査局(MAIB:Marine Accident Investigation Branch)は、2019年9月に蔚山に碇泊していたケミカルタンカーSTOLT GROENLAND号の船上で起きた爆発とその後の火災に関する調査報告書を発表しました。

Ship smoke

​英国船舶事故調査局(MAIB:Marine Accident Investigation Branch)は、2019年9月に蔚山に碇泊していたケミカルタンカーSTOLT GROENLAND号の船上で起きた爆発とその後の火災に関する調査報告書を発表しました。

スチレンモノマーが入った積荷タンクが重合反応の暴走により破裂したものです。壊滅的な破裂により、大量の蒸気が大気中に放出され、引火しました。

MAIBの報告書では、以下のような一連の安全上の問題が指摘されています:

  • スチレンモノマーは、他の加熱された積荷タンクの影響を受けた;
  • 他の貨物からの熱伝導は十分に把握できていなかった;
  • スチレンモノマーの温度は監視されていなかった。

レポートは、MAIBのウェブサイトから以下のリンクでダウンロードできます。

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.