ニュース:船員へのワクチン接種のための船舶運航者向けICSガイダンスとロードマップ

News & Insights 11 June 2021

This article is also available in other languages:


Written by

国際海運会議所(ICS)は、「船員の健康保護のための船舶運航者向けガイダンス」を改訂しました。

Cargo container ship

国際海運会議所(ICS)は、「船員の健康保護のための船舶運航者向けガイダンス」を改訂しました。この第4版は、2020年9月に発行された前回のガイダンスに代わるもので、すべての種類の船舶で使用でき、貨物船と旅客船の両方のニーズを考慮するようにしています。貨物船には十分な訓練を受けた医師や看護師が乗船していない可能性が高く、貨物船での医療行為はSTCW条約の訓練を受けた乗組員によって行われていることが認識されています。

更新されたガイドラインには以下が含まれます:

  • 新型コロナウイルスの世界的大流行の現状を反映した序論の更新;
  • 新型コロナウイルスの世界的大流行での信憑性のない流説に関する新規セクション;
  • 新型コロナウイルスワクチン接種に関する新規セクション
  • 陸上および船上での安全に関するガイダンスと船員の心の健康への支援サポートをテーマにした3種類の新しいポスターを含む、ダウンロード可能なポスターの更新;および
  • 洗浄で新型コロナウイルスへの感染の能性がある場合、または感染が確認された場合のマスクの使用と判断に関するガイダンスを記載した2つの最新の付録。

ICSは、「国際船員へのワクチン接種のためのロードマップ」も公開しています。新型コロナウイルスの世界的大流行において、乗組員への安全なワクチン接種を促進するために、該当する全ての各関係者により実施可能なプログラムの手順を定めています。

ロードマップ:

  • 各拠点にワクチン接種センターを設置するための、船員に特化したフレームワークを提案し、
  • 以下のような、船員向けワクチン接種プログラムで考慮すべき点をに説明しています:
  • ワクチンの物流管理と配布を含む、ワクチン接種センターの立案、設置、運営;
  • 船員名簿と関連文書の作成:および
  • 法律/責任に関する考慮事項

詳細はICSのウェブサイトでご覧いただけます。

ガイダンスおよびワクチン接種ロードマップは、以下よりダウンロードいただけます。

カテゴリ: COVID-19, Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.