ニュース:ICSが船員へのワクチン接種を優先的に行うよう呼びかけ

News & Insights 29 June 2021

This article is also available in other languages:


Written by

国際海運会議所(ICS)とそのメンバーおよびパートナーは、各国政府に対し、船員への予防接種を優先的に実施するよう要請しました。

ニュース:ICSが船員へのワクチン接種を優先的に行うよう呼びかけ

国際海運会議所(ICS)とそのメンバーおよびパートナーは、各国政府に対し、船員への予防接種を優先的に実施するよう要請しました。ICSは、「新型コロナウイルスの世界的大流行の間、すべての国々は、船員らの犠牲のおかげで恩恵を受けました。これらの国々は、船員に優先的にワクチンを接種し、乗組員の交代を認める約束を守る義務があります。」とコメントしています。

ICSの訴えは、 「船員の日」にタイミングを合わせて行われました2021年 6月25日、 船員の国際貿易と世界経済への貢献を強調する国際デーを記念して、世界中の船が汽笛を鳴らしました。また、ICSは、この問題に対する認識を高めるために、 ビデオ を公開しています。

新型コロナウイルスの世界的大流行は、世界中のすべての船員に前例のない困難をもたらしており、ICSは引き続き船員の側に立った努力をしていきます。昨年、40万人以上の船員が契約期間を超えて働いており、悲しいことに、乗組員交代における緊急事態はいまだに拡大しています。ICSは、船員を重要な労働者として認識し、船員を保護し安全に仕事をして契約期間終了後に帰国できるようにするためにワクチン接種を優先するように各国政府の説得に努めています。

船員の心と体の健康は、スタンダードクラブの重要な取り組みの一つであり、船員のワクチン接種を支援したり、乗組員交代に関する緊急事態に対応するため進展を 奨励しています。当クラブのロス・プリベンション部門は、船員へのワクチン接種や船員の一般的な健康状態に関する動向を注視しています。この取り組みや 当クラブの関連プロジェクトに関する詳細は、当クラブの専用「船員の健康」ウェブページに掲載されていますので、以下のリンクからご覧ください。

Categories: COVID-19, Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.