ニュース:新型コロナウイルス - ISWAN、インドで船員へのCOVISHIELDワクチン接種活動を開始

News & Insights 9 June 2021

This article is also available in other languages:


Written by

Intro The International Seafarers’ Welfare and Assistance Network (ISWAN) has launched a ‘Vaccination Drive for Indian Seafarers’ in response to a number of concerns from Indian seafarers. 国際船員の福祉および支援ネットワーク(ISWAN)は、インド人船員からの数多くの懸念の声を受けて、「インド人船員のためのワクチン接種活動」を開始しました。

Two man examining seaweed

新型コロナウイルス第2波の影響によりインドで困難に直面しているインド人船員からの非常に多くの要請の声が上がっているのを受けて、国際船員の福祉および支援ネットワーク(ISWAN)は、Narayana HealthとMedica Group of Hospitalsの協力を得て、「インド人船員のためのワクチン接種活動」を開始しました。

ISWANのワクチン接種活動では、世界保健機関(WHO)が承認したワクチンのみを使用しますが、現在のインドではCOVISHIELDとなります。2回の接種が必要であり、接種間隔は政府のガイドラインに従う必要があります。

インド当局が6月7日 に発行したサーキュラーでは、雇用を得るために海外への旅行を計画している個人に対して、COVISHIELDの2回の接種の最短間隔が84日から28日に短縮されました。 

ISWANの取り組みとインド政府が発行したサーキュラーに関する詳細は、以下からご覧いただけます。

Categories: COVID-19

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.