ニュース:旅客船およびフェリーでの新型コロナウイルス拡散の軽減対策に関するカナダ運輸省の Ship Safety Bulletin No.08/2021

News & Insights 13 July 2021

This article is also available in other languages:


Written by

カナダ政府は、旅客船およびフェリーでの新型コロナウイルス拡散の軽減対策に関する Ship Safety Bulletin No.08/2021を発行しました。

Cargo container ship

カナダ政府は、旅客船およびフェリーでの新型コロナウイルス拡散の軽減対策に関する公報Ship Safety Bulletin No.08/2021を発行しました。本対策は、必要不可欠なサービスを提供する船舶として定義されているエッセンシャル旅客船とフェリーに適用されます。

100名を超える乗員(旅客と乗組員を含む)の輸送が認可されかつ旅客用の寝台設備(寝台、キャビンなど)を備えた旅客船のカナダ水域での運航は、2022年2月28日まで禁止されています。さらに、12名を超える旅客の運送が認可された船舶のカナダ北極海水域への立ち入りも、2022年2月28日まで禁止されています。

エッセンシャル旅客船は、カナダ運輸省と該当地域の保健当局が発行したガイドラインに従い、新型コロナウイルスの拡散の防止対策を実施するための合理的な努力が求められます。さらに、エッセンシャル旅客船は、乗船する旅客の最大数を直ちに50%削減するか、旅客数を削減できない場合は新型コロナウイルス拡散の軽減対策を直ちに実施する必要があります。

旅客数を50%削減できない場合のために、公報には、新型コロナウイルスの拡散を防止するために可能な対策の一覧が掲載されています。具体的な例としては、輸送中は車両用オープンデッキ上で自動車内で待機、マスクの着用、乗船前の手洗いの奨励が挙げられています。軽減対策は、これらを踏まえてカナダ運輸省に提出する必要があります。

旅客へのアナウンスも行う必要があります。これらについては、公報に掲載されています。アナウンスができない場所には、同じ内容を記載した看板を掲示する必要があります。

公報は、 カナダ政府のウエブサイトでご覧いただけます。ご質問や心配点がございましたら、通常のクラブ連絡先までお問い合わせください。

 

Categories: COVID-19

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.