ニュース:バイデン大統領の大統領令により米連邦当局が定期貨物貿易の反トラスト施行に向け協力へ

News & Insights 20 July 2021

This article is also available in other languages:


Written by

バイデン大統領は、大統領令により、連邦海事委員会に対し、とりわけ海運法に基づくディテンションとデマレージに関する不当かつ不合理な慣行の禁止を実施することなどを奨励しました。

Cargo container ship

​​

バイデン大統領は、大統領令により、連邦海事委員会に対し、 (i) 海運法に基づくディテンションとデマレージに関する不当かつ不合理な慣行の禁止を厳格に実施する、 (ii)全米荷主諮問委員会に対し、ディテンションとデマレージの慣行を改善し、関連する海運法の禁止事項を実施するための提言を依頼する、および (iii) ディテンションとデマレージの慣行と関連する海運法の禁止事項の実施を改善するための更なる規則制定を検討する、ことを奨励しました。 米国 経済での競争促進に関する大統領令セクション5(o) 、2021年7月9日。

本大統領令に答えて、連邦海事委員会と司法省反トラスト局は、2021年7月12日に、業界に関連する反トラスト法などの執行に関する情報を共有し、協力することを目的とした了解覚書を締結しました。 特に、両機関は少なくとも年1回協議を行い、業界の競争状況に関連する法執行、規制、その他の事項について協議かつ検討し、さらに両機関は業界の競争状況に関連する情報や資料を相互に共有することになります。

ホワイトハウスのファクトシートでは、これらの措置は、海運業界における輸送業者の急速な統合に対応して取られたものであることが明らかになっています。 「2000年には、大手海運会社10社が支配するのは市場の12%であった。 今日、この割合80%以上になっており、輸出を必要とする国内メーカーは大手外資系企業の言いなりになる事態を招いている。」この結果、定期船貿易で有力な輸送業者は、輸出者に高額なディテンションとデマレージを請求することが可能となっています。

ディテンションとデマレージは、海運法に基づいてFMCが規制する範囲内にあります。 近年、連邦海事委員会は、ディテンションとデマレージに関する規制の妥当性や、海上輸送業者や港湾運送業者の慣行を見直し、2020年にこのテーマに関する新たなガイダンスを発行しています。

大統領令へのリンク: https://www.whitehouse.gov/briefing-room/presidential-actions/2021/07/09/executive-order-on-promoting-competition-in-the-american-economy/
了解覚書へのリンク: https://www.justice.gov/opa/press-release/file/1411101/download

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.