ニュース:注意散漫な航海-操船中のテキストメッセージ

News & Insights 9 July 2021

This article is also available in other languages:


Written by

Chirp Maritimeとユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)は、勤務中に個人所有の電子機器を不適切に使用することがいかに深刻な安全問題につながるかを強調するため、「注意散漫な航海」 と題した新しい ビデオ を公開しました。

Asian ship crew on oil tanker

Chirp Maritimeとユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)は、勤務中に個人所有の電子機器(携帯電話、音楽プレーヤー、タブレット)を不適切に使用することがいかに深刻な安全問題につながるかを強調するため、「注意散漫な航海」 と題した新しい ビデオ を公開しました。

2018年7月の一般貨物船  Priscilla号 の座礁や、2004年のタンカー Attilio Levoli号 の座礁では、スマート機器の使用に起因する注意力散漫が主な要因とされています。ほんの一瞬の気の緩みが、悲劇的な結果をもたらします。

この問題に対処するために、ChirpとUCLは、船員がブリッジ上で勤務中に携帯機器に夢中になり、携帯電話の電波の範囲内での時間を確保しようと無謀な決断をすることが、どのように、またなぜ悲惨な組み合わせになるのかを説明する、科学的根拠に基づいた仮想シナリオを再現しました。

この件については、スタンダードクラブのロスプリベンション部門の副ディレクターであるJohn Dolan船長が、P&Iクラブの視点から、 航行安全性 と改善のための課題についての考えを述べています。

Categories: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.