ロサンゼルス港とロングビーチ港で入港するコンテナ船に対する新しい米国の順番待ち協定

News & Insights 24 November 2021

This article is also available in other languages:


Written by

背景

メンバーの皆様に、ロサンゼルス(LA)港とロングビーチ(LB)港のコンテナ船のための PacMMS (Pacific Maritime Management Services)という名前の新しいコンテナ船の順番待ちプロセスが、協定世界時2021年11月16日火曜日00時00分に発効したことをお知らせします。

Woman with safety helmet

背景 

メンバーの皆様に、ロサンゼルス(LA)港とロングビーチ(LB)港のコンテナ船のための PacMMS (Pacific Maritime Management Services)という名前の新しいコンテナ船の順番待ちプロセスが、協定世界時2021年11月16日火曜日00時00分に発効したことをお知らせします。 

南カリフォルニア沖に多数存在するコンテナ船と、海上安全と空気質にもたらされるリスクに基づいて、この新しい船舶の順番待ちプロセスを開発するために業界ワーキンググループが結成されました。その目的は、停泊中/場所を徘徊する船舶を削減し、船舶が低速運転してトランジットタイム(船積み港から仕向け港までの航海日数)を最適化できるように公正で透明なプロセスを見つけることでした。 

以前は、コンテナ船は「実際に到着」した時期に基づいて到着行列に割り当てられ、ロサンゼルス(LA)港またはロングビーチ(LB)港から20海里水域を超えてきていました。 

新しいプロセス(PacMMS)に従って、コンテナ船は、ロサンゼルス(LA)港またはロングビーチ(LB)港入港前の最終寄港地(LPOC)を出発する時期およびLA/LBでの初期的到着時間(CTA)に基づいて、順番待ちの場所が割り当てられます。 PacMMS は、各コンテナ船の最初の接点および「トラッカー」になります。 

これらの変更の結果 

新しい待ち行列体制の結果として、船舶は合理的な将来に停泊が割り当てられるまで(72時間と定義)、定義された安全および空気質区域(SAQA)とは距離を置いて離れてなければなりません。 

SAQAは、LA/LB港周辺に指定された区域であり、海上安全に伴うリスクを軽減し空気質を向上させるために船舶数が制限されます。 

これは、西から来る船舶が陸地から150マイル以上距離を置いて離れた状態にあり、こちらにある 実施要領の最後部にある 小海図 の国防総省(DOD)範囲(マゼンタで輪郭が描かれている)に十分に近寄らないことが期待されることを意味します。 

潜在的な問題点と緩和策: 

コンテナ船がカリフォルニア沖から150マイル離れて漂泊する際、以下にある問題の想定および以下にある緩和策を提案します。 

激しい港湾混雑: 陸地付近の港湾混雑海域へ押し寄せる: LAから150マイル離れた沖合で航行するコンテナ船の多くがその地域の港湾混雑の増加につながる可能性があります。具体的には、視界が低下した場合の船舶航行リスクの増大が想定されます。実際に、冬の間これらの海域に霧が発生し始めることが知られています。長期の漂流は、気の緩みにつながり乗組員の士気をくじく可能性があり、海難事故を招く可能性も出てきます。ブリッジチームは、警戒し気の緩みが出ないようにすることをお勧めします。常にブリッジチームはCOLREGS(1972年の海上における衝突の予防のための国際規則)に準拠する必要があり、漂泊時にNUC(運転不自由船)であることを示す船灯や形象物を表示する衝動を抑えるべきです。到着前に、ブリッジチームは指定された漂泊地域を特定する必要があり、サンペドロ湾の港湾施設を隔て通航帯(TSS)から十分に離れている必要があります。船長は、陸上運航管理者と効果的にコミュニケーションを図り、状況や彼らの意図と共に進む必要があります。 

コンテナ船での荷崩れと安定性に関する問題が発生する可能性: 大きなビームを備えた超大型コンテナ船 は、通常メタセンター高さ (metacentric height)(GM)が大きくなる傾向があり、漂泊中に波やうねりにより大きく横揺れする可能性があります。これは同時におこる激しい横揺れを引き起こす可能性があり、 それに続いてコンテナ船の荷崩れにつながる可能性があります。小型コンテナ船も安定性に気を配る必要があり、乗組員は漂泊時に船舶が揺れ難くなり過ぎたり揺れ易くなり過ぎたりしないようにする必要があります。乗組員は、優れた操船術を駆使し、ビーム波浪中のうねりを避けながら、すぐに逆風に向かう迅速な操縦に向けて 船舶のエンジン を常に整えておくことをお勧めします。 長期間の漂泊は燃料消費量の拡大につながる可能性があり、十分な燃料庫が利用可能である必要があります。 

一等航海士は、出発と到着の安定性を計算する際に、 漂泊が 船舶の安定性 に与える影響 を計算に入れ、燃料庫の 配置 と消費、および自由表面の瞬間を最小限に抑えるためのバラスト水管理 を検討する 必要があります。 

気象条件: 船舶の乗組員と陸上運航管理者は、信頼できる気象サービスプロバイダーを通じて最新の天気予報と予想天気図を追跡することをお勧めします。南カリフォルニア沖海域は一般的に 温和な気候であると考えられていますが、 気象パターンの変化の影響を考慮する必要があります。ハリケーンシーズン中には、船員は低気圧の発生とその予想進路を追跡する必要があります。 天気事象や天気予報を作成するには、 NOAAウェブサイト を参照すると便利です。 

カリフォルニア州の 低硫黄燃料規制および バラスト水管理に係る規制: 船員は、漂泊中に不注意に規制に違反しないように、最新のカリフォルニアの 低硫黄燃料 規制 およびバラスト水管理 規制 を再認識することをお勧めします。 

クジラ保護: 船員は、カリフォルニア沖海域が自然クジラ保護区であることを認識し、注意して航行する必要があります。SAQA境界は、絶滅危惧種のブルークジラ、ザトウクジラ、ナガスクジラが密集しているサンタバーバラ海峡を避けるために部分的に線引きされたと理解されています。 米国西海岸において 海洋哺乳類の 船舶への衝突 を回避する点に関する詳細は、 こちらをご覧ください。 

メンバーの皆様におかれましては、 Pacific Maritime Management Servicesウェブサイトにある順番待ちの配置に関する最新情報と進展を常に把握することをお勧めします。   

当クラブは、本記事の準備に貴重な見識を提供してくれた Peacock Piper Tong + Voss LLP のDavidA.TongおよびTaraB.Vossに感謝致します。 

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.