View Russia / Ukraine conflict updates here

サル痘-非流行国におけるアウトブレイク発生

News & Insights 30 June 2022

Available in:


Written by

6月22日の時点で、世界保健機構(WHO)は2022年に3400例を超えるサル痘検査確定症例を報告しています。症例は50か国から報告されており、その大部分は非流行国から報告されています。報告された症例の86%はヨーロッパ地域で占められ、南北アメリカ地域では11%の症例が検出されています。

Man on yellow ladder

6月22日の時点で、世界保健機構(WHO)は2022年に3400例を超えるサル痘検査確定症例を報告しています。症例は50か国から報告されており、その大部分は非流行国から報告されています。報告された症例の86%はヨーロッパ地域で占められ、南北アメリカ大陸地域では11%の症例が検出されています。

最新のWHO状況報告は こちらより閲覧できます。

WHOは、引き続き状況を注意深く監視し、加盟国およびパートナーとの国際的な調整と情報共有を支援しています。臨床および公衆衛生上の有事対応は、総合的な症例発見、接触者追跡、検査調査、隔離、治療、感染および予防および管理措置の実施を調整するために、加盟国によって活発化しています。

IMOとICSは、自覚を促しガイダンスを提供するためのサーキュラーを発行しています。これらサーキュラーはこのページの下からダウンロードいただけます。

メンバーと船員の皆様には、慢心せずにWHOからの忠告に従うことをお勧めします。

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.