インドネシア が国内供給の懸念により石炭輸出を禁止

News & Insights 5 January 2022

This article is also available in other languages:


Written by

当クラブ特派員(SPICA SERVICES(S)PTE LTD)は、インドネシアが国内の発電所向けの供給が不足している懸念により、石炭の輸出を直ちに禁止したと通知しました。

Cargo container ship

当クラブ特派員(SPICA SERVICES(S)PTE LTD)は、インドネシアが国内の発電所向けの供給が不足している懸念により、石炭の輸出を直ちに禁止したと通知しました。

参照として、インドネシア語での回状と 内容をまとめた英語翻訳版コピーを添付しました。

今回の輸出禁止措置は2022年1月いっぱい続くと予想されています。ただし、ステークホルダーは2022年1月5日にインドネシアの鉱物資源省と会合を開き、状況を再検討します。

荷送人はこの状況に対して不可抗力を宣言する可能性があり、これはインドネシアで石炭を積み込むように用意された船舶に影響を与える可能性があります。

従って、当クラブはメンバーの皆様に対し、用船契約条件を精査したうえで、一般的現状や各条件により遅延が発生する可能性があることを関係者に通知することをお勧めします。

スタンダードクラブは、そのような問題の際にメンバーの皆様をサポートしアドバイスを提供するために常時対応しています。

カテゴリ: Cargo, Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.