View Russia / Ukraine conflict updates here

国際海事局(IMB)2021年 海賊行為と武装強盗に関する報告書

News & Insights 26 January 2022

Available in:


先頃、ICC国際海事局(IMB)は2021年の船舶に対する海賊行為と武装強盗に関する年次報告書を発表しました。

Two man examining seaweed

先頃、ICC国際海事局(IMB)は2021年の船舶に対する海賊行為と武装強盗に関する年次報告書を発表しました。国際海事局(IMB)によると、2021年に報告された海賊行為と武装強盗事件数は、1994年以来の低水準であったことが判明しています。この事件数の減少は、特にギニア湾とインドネシア当局による措置に部分的に起因しています。しかしながら、報告書では依然132件の事件が報告されていると述べられています。これらの事件には、115隻の移乗、11隻の襲撃未遂、5隻の銃撃、1隻のハイジャックが含まれます。残念ながら、最新のIMBの統計によれば、乗組員への暴力は継続し、57名の乗組員が誘拐され、8名が人質に取られ、9名が脅迫され、4名が負傷し、3名が暴行を受け1名が殺害されています。

ギニア湾

2021年にはこの海域で34件のインシデントが報告されましたが、前年は81件でした。このインシデント報告数の減少は、継続的な対応調整や国際海軍艦艇の存在の増加など、さまざまな要因によると言われていますが、IMBはこの地域が世界的に海賊活動のホットスポットであり続けると警告しています。2021年には、7件の個別インシデントで57名の船員が誘拐されました。誘拐事件は2020年と比較して2021年に大幅に減少しましたが、この海域は依然として世界全体で報告されたすべての誘拐事件を占めています。IMBは、攻撃者が依然として暴力的であるため、船員へのリスクは引き続き高いと警告しています。

カテゴリー: Maritime Security

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.