View Russia / Ukraine conflict updates here

ブリッジ(船橋業務)手順と水先人乗下船に関するICSガイダンス

News & Insights 27 January 2022

Available in:


Written by

国際海運会議所(ICS)は、海運業界で起こっている急速な技術的進歩を反映し、ユーザーをサポートするために書かれたブリッジ手順ガイド(BPG)第6版を公開しました...

Two mooring men

国際海運会議所(ICS)は、海運業界で起こっている急速な技術的進歩を反映し、ブリッジにおいて進デジタルトランスフォーメーションに対応する上でユーザーをサポートするために書かれたブリッジ手順ガイド(BPG)第6版を公開しました。

本ガイドは、安全なブリッジ手順に関する主要な業界ガイダンスとして広く認められており、国際海事機関(IMO)によってすべての船舶で推奨される対応方法です。

新版は、最新技術を安全かつ効果的に使用し、IMOが採用した国際的に承認された基準と推奨事項を取り入れる、当直のベストプラクティスアプローチに関する明確に指導しています。

新版の重要な特徴:

  • 水先案内以外の手順に関するさらなるガイダンス。
  • 人的要因、電子海図情報表示装置(ECDIS)安全設定、電子海図の精度カテゴリー(CATZOC)、ウェザールーティング(最適航路選定)、機関制御室との通信連絡、荷役作業、リスク評価と作業許可、船舶の復原性、バラスト水管理、全球測位衛星システム(GNSS)に関連するエラー、およびレーダーの特性に関する新しいセクション。
  • 船上訓練の理解を高め支援に向けたより多くの視覚資料。
  • ガイドラインとチェックリストの作成における現行ベストプラクティスを反映するための簡易言語。

BPGは、ICS「Engine Room Procedures Guide」にあるガイダンスを補完するものであり、共同で使用した場合、読者は業界における最新ベストプラクティス作業について包括的かつ最新の理解を得ることができると自信を持つことができます。

詳細については、ICSウェブサイトの BPG および Engine Room Procedures Guideをご参照ください。

BPGの無料リソースとチェックリストはページ下部からダウンロードいただけます。

ICSとIMPA(International Maritime Pilots'Association:国際パイロット協会)は、「水先人の乗下船設備に関する海運業界ガイダンス(Shipping Industry Guidance on Pilot Transfer Arrangements)」第3版を作成しました。本ガイドは、IGP&Iおよびその他業界団体と共同で作成されており、組み合わせ乗下船プラットフォーム設備に関するIMOガイダンスの概要を示す新しいセクションが含まれています。

本ガイドは以下からダウンロードいただけます。

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.