View Russia / Ukraine conflict updates here

香港は、新型コロナウイルスへの懸念により、入国禁止対象を最近外国への滞在歴のある渡航者にまで拡大へ

News & Insights 11 January 2022

Available in:


Written by

一連の発表の中で、香港政府は、香港居住者以外で過去21日以内に海外諸国に滞在歴がある場合には香港入国を許可しないことを宣言しました。

Two mooring men

​一連の発表の中で、香港政府は、香港居住者以外で過去21日以内に海外諸国に滞在歴がある場合には香港入国を許可しないことを宣言しました。カーボベルデ共和国、ニジェール、南スーダン共和国、グレナダ、モーリタニア、マヨット、イラク、アンティグア・バーブーダ、ボリビア、コートジボワール、ガボン、ガンビア、ラオス、モンゴル、ソロモン諸島の国全てがグループA(ハイリスク国)対象国に追加指定されました。

船員は、香港居住者でない限り グループA(ハイリスク国)対象国リスト に基づく入国制限が免除されません。

過去21日以内にこれらの国を訪れた香港居住者は、ワクチンを完全接種完了済みで、有効な新型コロナワクチン接種証明を保持している場合にのみ香港への渡航が許可されます。その後、到着時に指定検疫ホテルで21日間の義務検疫を受ける必要があります。強制検疫期間中に6回のウイルス検査を受ける必要があり、香港到着後26日目に、地区検査センターで強制検査を受ける必要があります。

今回の制限範囲拡大は、新型コロナウイルスのオミクロン変異株の感染拡大を受けてのものです。政府は、これらの変更を反映するために、市の『病気の予防と管理条例』(国境を越える輸送機関および旅行者の規制)を更新しています。  

メンバーはこれらの制限に配慮し、それに応じて乗組員交代作業を計画する必要があります。

 

カテゴリー: COVID-19

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.