View Russia / Ukraine conflict updates here

全世界の海賊行為は数十年で低水準

News & Insights 17 October 2022

Available in:


四半期報告書によると、国際海事局 (「IMB」) は1992年以来、今年最初の9か月間に報告された事件数が最も低水準でした。ナイジェリアの1億9500万ドル規模の最も注目を集めるイニシアチブ「ディープブルー」プロジェクトは、海賊行為との戦いに対する沿岸国のコミットメントの証です。

Man with blue safety helmet

四半期報告書によると、国際海事局 (「IMB」) は1992年以来、今年最初の9か月間に報告された事件数が最も低水準でした。ナイジェリアの1億9500万ドル規模の最も注目を集めるイニシアチブ「ディープブルー」プロジェクトは、海賊行為との戦いに対する沿岸国のコミットメントの証です。

IMBの統計によれば、今年世界中で報告された事件は90 件でした。そのうち13件はギニア湾で発生したもので、2018年および2021年にナイジェリア海域で報告された海賊事件はそれぞれ41件と27件から大幅に減少しています。

海賊行為の減少にもかかわらず、乗組員に対する暴力のリスクは依然として現実のものである、とIMB は語っています。2022年には、27名の乗組員が人質に取られ、6名が暴行を受け、5名が脅迫されています。

シンガポール海峡で報告された事件はさらに増加し、1年前の21件から今年は31 件に増加しています。IMBは、これらの事件を「低レベルの日和見的な犯罪」と表現し、沿岸国に「海運業界と世界貿易にとって戦略的に重要な水路であり、パトロールを強化する」よう要請しました。

詳細については、通常のクラブの連絡先または本稿の著者にお問い合わせください。​

カテゴリー: Maritime Security

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.