View Russia / Ukraine conflict updates here

トルコの超過バンカーに対する罰金

News & Insights 3 February 2022

Available in:


当クラブでは、ここ数ヶ月[1] トルコにおける「過剰なバンカー」のクレームの増加を把握しており、メンバーの船舶に遅延が生じ罰金や刑事訴訟を開始する可能性があります。

トルコ税関によると・・・

Man standing in front of containers

当クラブでは、ここ数ヶ月[1] トルコにおける「過剰なバンカー」のクレームの増加を把握しており、メンバーの船舶に遅延が生じ罰金や刑事訴訟を開始する可能性があります。

トルコ税関規制によると、トルコ港湾 に入港する 航海船(トルコおよび旗国の外国船舶)は、船内のバンカー数量を (船用品目録を介して)税関に報告する必要があります。申告数値 と現地当局によって計算された数量との間に差異がある場合、税関当局は船主と乗組員に罰金を科す、または刑事訴訟を開始する可能性さえあります。数量の差異は、税関当局の所定の管理によって検出される場合があり、税関当局はその後船内検査を実施する場合があります。

影響

1. Customs Finese(税関の罰金)

超過バンカーに対する税関の罰金は2つのカテゴリーに分けられ、税関当局は次のいずれかを適用できます。

a) 不正行為に対する罰金:根本的な申告の誤りとして解釈できない申告における単純な誤りであると当局が考えるものに適切と判断される場合。

b) 資本損失に対する罰金:未申告の超過バンカーに起因する資本損失に関連する場合。罰金額は、超過バンカーの数量に基づいて計算されるため、不正行為の場合に科せられる罰金よりも高い罰金が科せられる可能性があります。

不正行為に対する罰金の支払いが1か月以内に支払われる場合、および資本損失に対する罰金が書面による通知された日から15日以内に支払われる場合、船主は罰金総額の1/4の軽減を受けられる可能性があります。あるいは、船主は 罰金が通知された日から15日以内に決定に異議申立てた場合、罰金について上訴する権利を有します。第一審で控訴が却下された場合、更に上訴できる場合があります。 条件を満たした担保金が公表されている場合、船舶は異議申立の間に出港が許可される場合があります(以下参照)。

2. 刑事訴訟

バンカーの数値との齟齬の結果として密輸行為の疑いがある場合、検察官は 船員 に対する刑事訴訟の開始および/または 船舶を押収することが 可能です。また、検察官は 超過 バンカーの「押収命令」を出す可能性が高くなります。

検察庁が関与している場合、当局は続けて乗組員(通常は船長および機関長)から供述書を作成させます。

全て理想的に進んだ場合、供述書の照合後に乗組員と船舶は自由に出航できます。可能性は低いですが、船舶が拘留される、または船舶の出航を許可するために銀行保証書や現金の提供が必要になる可能性もあります(クラブのLOU(保証状)はが税関当局には受け入れられません)。銀行保証書の価値は、裁判所が任命した専門家によって決定されたところにより最大で船舶の価値までである場合があります。 刑事訴訟が開始されない場合、銀行保証書または現金が返還されます。ただし、 メンバー対して刑事訴訟が成立した場合、州の競売により売却される場合があります。

理論的には、罰金や刑事上の決定に対して上訴することは可能です。ただし、実際には、税関の罰金は通常税関当局と円満に解決されます。

当クラブのカバー

「超過バンカー」の結果としてトルコ税関当局が科した罰金は、税関当局による分類方法によっては、「密輸行為および税関規則違反に対する罰金」のに分類される場合があります。 虚偽申告に関する罰金は法的に正当な権利としてr. 3.16.1の下で保護される可能性があるため、これは鍵を握る差別化要因となる可能性があります。r. 3.16.4の下で取り扱われる商品または貨物の密輸行為に関しては相手側の国の法規等にも準拠する部分があり、したがって自由裁量です。

裁量可能補償請求の償還には当クラブ理事会の承認が必要です。裁量可能補償請求がP&Iカバーで回収可能かどうかを決定する際、とりわけ理事会は罰金を生じさせる事象を回避するために、理事会に合理的であると思われる措置全てをメンバーが講じたかどうかを検討します。その調査が満たされていると理事会が納得した場合、メンバーが当クラブからの回収可能金額は取締役会の決定に委ねられます。取締役会は回収の程度を決定する広い裁量権を持っています。 

メンバーは、超過バンカーの結果として(またはその他の理由で)税関当局が科した罰金/刑事訴訟に対応する際に「善良な保険未加入者」として行動することが求められます。もちろん、当クラブはメンバーの請求の処理(可能な範囲で)および理事会の検討のために請求を出す準備を進んで支援する意思があります。

ただし、当クラブが(上記のとおり)裁量的に補償する密輸行為に対して科される罰金と、当クラブ規則の下で法的に正当な権利として補償される物品の申告または貨物の文書化に関する規則違反に対する罰金の区別は注意する必要があります。

裁量的な密輸行為に対する罰金の詳細については、 こちらの当クラブ記事をご参照ください。

結論

一般的にバンカーの数量を、特にトルコで申告する際は船舶と乗組員が特に注目を払う必要があります。船舶にあるバンカーの数量は、船舶の記録に従って正しく申告されている必要があります。予備的調査のあるバンカーの数量を計測することを強くお勧めします。乗組員は 燃料タンクインジケーターが正しく機能しているかを定期的に管理する必要があり、数値に確信が持てるまで算出することにプレッシャーを感じてはなりません。問題が発生した場合、弁護士や現地コレスポンデントの迅速な関与がより深刻な結果を招くことなく問題解決に支援する可能性があるため、メンバーは通常のP&I担当者に連絡を取ることを強くお勧めします。

当クラブと一緒に上記ガイダンスの作成にご協力頂いたAydin&PartnersのIsmail Aydinに感謝申し上げます。


[1] 大統領通達は2021年12月4日に発行され、正式に名前が英語表記(Turkey)からフランス語表記(Turkiye)に変更されました。

カテゴリー: Cover Including Discretionary Claims

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.