米国第11巡回区連邦控訴裁判所、傷病給付訴訟において裁判所が争点の医学的証拠を乗組員に有利に解釈する必要がないと判決

News & Insights 7 October 2021

This article is also available in other languages:


Written by

はじめに

米国の一般海事法の下では、船での勤務中に疾病に罹患したジョーンズ・アクト上の船員の雇用主は、「無過失」で傷病給付と航海終了までの未払い賃金を提供する義務があります。

米国第11巡回区連邦控訴裁判所、傷病給付訴訟において裁判所が争点の医学的証拠を乗組員に有利に解釈する必要がないと判決

はじめに

米国の一般海事法の下では、船での勤務中に疾病に罹患したジョーンズ・アクト上の船員の雇用主は、傷病給付と航海終了までの未払い賃金を提供する「無過失」の義務があります。傷病給付の権利を得るのは船員の義務です。ジョーンズ・アクト上の雇用主は、給付金支払い開始前に、船員の給付金支払い請求に対して合理的な調査を実施する権利を有します。

以下で議論された訴訟では、傷病給付訴訟において裁判所が争点の医学的証拠を乗組員に有利に解釈する必要がないと判決がなされており、メンバーの皆様には考慮すべき重要な判決となっています。

概要

米国第11 巡回区連邦控訴裁判所は、フロリダ州、アラバマ州およびジョージア州からの控訴を審理していましたが、2021年9月28日に、傷病給付訴訟において裁判所が争点の医学的証拠を乗組員に有利に解釈する必要がないと当法廷の全員一致による判決を下しました。

WitbartとMandara Spa Hawaii LLCとの訴訟では、フロリダ州の連邦地方裁判所からの控訴がなされていました。下級審は、裁判官裁判の結果として、原告が雇用前に深刻で衰弱した健康状態であったにもかかわらず、被告は原告が最初の雇用契約およびその後の雇用契約の前に、故意に既往歴を偽り隠していたことを立証したと判決しました。

下級審はさらに、この非開示の健康状態は被告を雇用する原告の判断にとって重要であり、この非開示の健康状態と原告が訴訟で訴えた健康状態との間には因果関係があると判決しました。これにより、連邦地方裁判所は、 McCorpen対Central Gulf S.S事件の判例に基づき、被告はその積極的抗弁で優勢となったと判断しました。Corp., 396 F.2d 547 (5th Cir. 1968)と原告は傷病給付の権利を与えられませんでした。

控訴審で、第11巡回区連邦控訴裁判所は下級審判決に事実認定および法律上の過誤はないと判断しました。連邦控訴裁判所は、連邦地方裁判所がVaughan対Atkinson事件の判例、 369 U.S. 527 (1962)を適切に適用しなかったのは過誤であるという乗組員の主張も検討しました。控訴した乗組員は、米国最高裁判所が Vaughan 事件の判例では、傷病給付を受理する裁判所は争点の医学的証拠を乗組員に有利に解釈することが求められると主張しました。

第11 巡回区連邦控訴裁判所はこの主張を退け、 Vaughan 事件の判例は船主が負う傷病給付の金額に関する乗組員に有利な曖昧さを単に解決しただけとし、すべての曖昧さはすべての乗組員に有利に解決されるものではないとし、そのような解釈は裁判員裁判の際に相反する証拠に直面した場合に連邦地方裁判所が信憑性の高い判断をする能力を奪うものだと判決しました。

上記のように、この判決は、傷病給付請求で医学的証拠が論争の対象となった場合に重要な判例となります

この判決の概要をまとめてくださったDe Leo, Kuylenstierna & LittleのCharles G. De Leo氏に感謝いたします。 

カテゴリー: Jones Act

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.