コロナ – MPA(シンガポール海事港湾庁)は乗組員交代ガイダンスを更新し、シンガポールに到着する船舶の新しい要件を発行

News & Insights 1 November 2021

This article is also available in other languages:


Written by

シンガポール海事港湾庁(MPA)は、シンガポールで乗組員の交代を行う貨物船の要件をさらに更新しました。

Man on oil tanker

シンガポール海事港湾庁(MPA)は、シンガポールで乗組員の交代を行う貨物船の要件をさらに更新しました。新しいPort Marine Circular PMC 39 は、2021年のPMC No.38および2021年のPMCNo.15に取って代わります。

最新のガイダンスによると、MPAは、バングラデシュ、インド、ネパール、パキスタン、スリランカへの最近の渡航歴がある乗組員に対する初期限を取り除き、過去21日以内にこれらの国に寄港した船舶からの乗組員がMPAの手続きに従いシンガポールで乗組員交代を行うことを承認しました。

下船者は、 シンガポールの の対象でない限り、シンガポール入国管理局(ICA)が要求する日数に従って、乗組員の出身国で検疫する必要があります。

ワクチン2回接種14日以降の乗組員は、陸上職員(例えば、修理業者、機器サービスプロバイダーおよび監督)が船内にいる場合、シンガポールで上船することができます。ワクチン未接種の乗組員は、陸上職員の下船後にのみ乗船できます。

最新のMPA乗組員交代体制は こちらから入手できます。

MPAは、2021年のPMC No. 31に取って代わる、2021年の PMC40 を介してシンガポールに到着する船舶の要件をさらに更新しました。

重要な変更点は、シンガポールの停泊地、造船所、ターミナル、係船池で船舶に搭乗する必要のある陸上職員は、定期検査(RRT)中のポリメラーゼ連鎖反応(PCR)の代わりに、主に雇用者監督下のセルフスワブによって実施される抗原迅速検査(ART)を受ける必要があるということです。 これは、ワクチン接種済みおよびワクチン未接種の陸上職員の両者に適用されます。

陸上職員が乗船する船舶の船主、代理人、船長は、定期検査(RRT)体制に準拠していることの証明(証明が無い場合は陸上要員が乗船することを許可しない、または特定の症状(咳、くしゃみ、息切れ、鼻水、味覚障害や味覚障害)もしくはその他の身体的不調があるかどうかを確認する必要があります。

PMC 39および40は、以下からダウンロードできます。

カテゴリー: COVID-19

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.