コンテナ移動遅延に対してはカリフォルニアではコンテナ運航会社に超過滞留料金の請求へ。

News & Insights 5 November 2021

This article is also available in other languages:


Written by

米国のサプライチェーンへの需要過多により、カリフォルニアのロサンゼルスとロングビーチ港で前例のない混雑が発生しています。

Cargo container ship

米国のサプライチェーンへの需要過多により、カリフォルニアのロサンゼルスとロングビーチ港で前例のない混雑が発生しています。この混雑により、これらの港の主要ターミナルに長期間停泊しているコンテナの積み残しと、停泊許可を待つ船の遅延が発生しています。それに応じて、ロサンゼルスとロングビーチ港湾委員会は先頃関税規則を改正し、荷揚げされた後も一定期間を超えてターミナルに滞留しているコンテナの海上輸送業者に、「コンテナ超過滞留料金」を課す採決が取られました。

この関税規則改正により、次の2つのカテゴリのいずれかに分類される港で揚げ積み されたコンテナに対して、海上輸送業者に対して料金が請求されます。

(a) トラックで輸送予定のコンテナの場合、9日以上滞留しているコンテナ全てに超過滞留料金の課金が適用。

(b)      鉄道で輸送予定のコンテナの場合、6日以上滞留しているコンテナ全てに超過滞留料金の課金が適用。

ロサンゼルス委員会は、料金の課金方式を説明するために次の例を提供しました。

ターミナルでの滞留日数

1日あたりの料金(米ドル)

累積料金(米ドル)

9

100ドル

100ドル

10

200ドル

300ドル

11

300ドル

600ドル

12

400ドル

1,000ドル

13

500ドル

1,500ドル

13以上

制限なしで1日あたり100ドル増分

 

(委員会の発表と提案のコピーは こちらから入手できます。)

コンテナ超過滞在料金プログラムは2021年11月1日に開始され、料金は11月15日以降に査定されます。港湾当局は、ターミナルの状況が改善すれば、11月15日以降港内における追加料金請求開始を延期する裁量権を持っています。料金は、荷揚げされたコンテナの船荷証券に基づいて、海運会社に毎月請求されます。これらの料金は、適用される契約の条件または海上輸送業者の関税に応じて、最終的に海上輸送業者によって貨物関係者に渡される場合があります。

ニュース報道とは異なり、料金は罰金の性質ではなく、罰金を意図したものではありません。港湾当局によると、その目的は「滞留費の請求に基づいてターミナルからの貨物の撤去を推進すること」です。したがって、料金は、ロサンゼルス港とロングビーチ港での現在の停滞に対処するために実施されていますが、コンテナの滞船料に類似しています。

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.