貨物輸送ユニット(CTU)の火災安全確保ー変革の時期

News & Insights 4 November 2021

This article is also available in other languages:


Written by

Andrew Moore&AssociatesLtdの主任火災調査官であるDavidTownsendが、火災予防と取り扱い、コンテナボックスや貨物輸送ユニット(CTU)の設計、および使用法の変更および火災安全を高めるCTU構造に重点的に取り組んでいる記事を公開できることを嬉しく思います。

貨物輸送ユニット(CTU)の火災安全確保ー変革の時期

近年、海運業では、コンテナ船関連の惨事が増加しています。通常、これらの賠償請求は、荷崩れ、コンテナの紛失、船内での火災に関連しています。長年にわたり、スタンダードクラブは虚偽申告の貨物が船中に船積みされるのを防ぐために、船積予約工程中の改善されたデューデリジェンスを推奨してきました。詳細については、2018年の出版物「better box booking」をご覧ください。

荷崩れやコンテナの紛失はつい最近の動向であり、クラブは船内での体制の確保に関する問題を検討している多くの業界団体に参加しています。これに関するニュースは、準備が整い次第さらにお届けします。

2021年8月にシンガポール海事港湾庁(MPA)が主催した Safety @ Sea weekでは、「商品のより安全な輸送-これ以上しなければならこととは?」について話し合うための 本会議 が含まれていました。パネリストの1人である Andrew Moore & Associates Ltd.の主任火災調査官であるDavidTownsendは、これまで調査されていない領域であるコンテナボックスや貨物輸送ユニット(CTU)自体を取り上げました。CTUは、70年以上前の利用開始当初からほとんど変更されていないままです。彼は、CTUの設計と使用方法を理論的かつ進歩的な方法で変更し、そのロジスティクスチェーン全体、特に海上での火災安全性を向上させる必要があると主張しました。

Davidの記事を公開し、このトピックを広げ、火災安全性を確保するCTUの使用と構造の変更を提案できることを嬉しく思います。これらの提案には、すべてある程度の費用はかさみますが、これらにかかる費用とコンテナ海運業界内の安全性向上の重要性を比較検討することが重要です。これらの提案が建設的な論議に火をつけ、流れを作り出し、最終的に規制の変更につながることを願っています。

この記事について、DavidTownsendに感謝致します。以下からダウンロード可能。

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.