View Russia / Ukraine conflict updates here

中国海事局(MSA)は2022年3月1日から厦門港の航路指定制度および船位通報制度を改訂

News & Insights 25 February 2022

Available in:


Written by

中国海事局は、厦門港へのアクセスのための深喫水ルートを拡大および深化させたと報告しました。

中国海事局は、2022年3月1日から施行される 航路航路指定制度 および船位通報制度の要件を改訂を発表しました。

Ship smoke

中国海事局は、厦門港へのアクセスのための深喫水ルートを拡大および深化させたと報告しました。

中国海事局は、2022年3月1日から施行される 航路指定制度 および船位通報制度の要件を改訂を発表しました。

新しい要件では、厦門港の Dongdu、Haicang、Zhaoyinから出入港する50,000重量トンを超える船舶は深喫水ルートを航行しなければなりません。

Houshi港へ寄港及び出港する船舶は南航路とHoushi航路を航行するよう要請されることになります。

船位通報制度はすべての外航船舶に適用されます。現行の報告地点であるJiujiejiaoに代わって新たにQingyu Lighthouseでの報告が必要になります。

詳細については、特派員Oasis P&Iが発行した以下のサーキュラーをご参照ください。

メンバーの皆様には、上記海域を航海する際に注意を払い、航海図や書籍が最新情報に更新されていることを確認することをお勧めします。

当クラブはこの情報をご提供頂きましたOasis P&Iに感謝申し上げます。

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.