記事:代替燃料にまつわる混乱が海上リスクマーケットで大きく表面化

News & Insights 15 December 2021

This article is also available in other languages:


Written by

保険会社は、代替燃料にまつわる論点を明確にし、海事業界関係各方面の間で合意(コンセンサス)を形成する上で重要な役割を果たします。ロスプリベンション(損害防止)部長であるYves Vandenborn船長は、代替燃料を使った将来的な輸送方法がもたらす変化と課題への対応について話します。

記事:代替燃料にまつわる混乱が海上リスクマーケットで大きく表面化

アンモニア、バイオ燃料、水素、電化、液化天然ガス、メタノールなど、いくつかの選択肢があるのははっきりしています。さらに混乱を深める要素として、各選択肢については賛否両論があり、これらの選択肢を支持するのにインフラストラクチャが必要な点、および選択肢が多すぎる(または少なすぎる)ところがあります。

より環境に優しい未来へ向かう中で、起こりうる問題や落とし穴が大量に存在するため、今のところ明確な道のりはありません。

2015年パリ協定採択後の国際海事機関(IMO)の対応は、2050年までに温室効果ガス(GHG)排出量を半分に削減するという野心的な目標でした。これには、2008年のレベルと比較して2050年までに70%到達を目指して、2030年までに少なくとも40%のCO2排出量の削減が含まれます。また、今世紀中にGHG排出量を段階的に完全に廃止するという壮大な計画もあります。これを踏まえて頭に浮かぶのは、「業界がCO2排出量を正味ゼロにするために移行する際の、最良の代替燃料選択肢とは何か?」です。

何が 最良の燃料選択であるかについて絶対的な明確さはなく、業界の反応は多種多様で船主も異なる取り組みを採用しています。

 こちら にリンクされた、また以下に添付された2021年12月14日火曜日版「Insurance Day」の6〜7ページにある記事全文をご覧ください。

カテゴリー: Alternative Fuels

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.