View Russia / Ukraine conflict updates here

贈収賄防止措置:スエズ運河庁

News & Insights 22 March 2022

Available in:


Written by

スエズ運河庁(SCA)はエジプトの評判の賄賂を改善を目的とした措置を発表しました。SCAは、国際海運会議所(ICS)政策責任者であるGeorgia Spencer-Rowlandに書簡を送り、エジプトの国家不正腐敗防止戦略に沿って、運河を通過するすべての海運会社はいかなる種類の手続きの円滑化のための少額の支払いも拒否すべきであると述べました。

Man on deck offshore

スエズ運河庁(SCA)はエジプトの評判の賄賂を改善を目的とした措置を発表しました。SCAは、国際海運会議所(ICS)政策責任者であるGeorgia Spencer-Rowlandに書簡を送り、エジプトの国家不正腐敗防止戦略に沿って、運河を通過するすべての海運会社はいかなる種類の手続きの円滑化のための少額の支払いも拒否すべきであると述べました。同じ書簡が現地海運代理店に送られています。SCAは、贈収賄を回避するためにデジタルトランザクション(電子取引)の使用を採用したと述べ、これまでに報告された汚職事例を調査しているとしています。

先月、Maritime Anti-Corruption Network(MACN)は、海運業界における不正要求に関するデータを10年間収集した結果を発表しましたが、スエズ運河は2014年以来合計1795件が報告され、世界の不正行為ランキングで最悪の数値となっています。エジプト港湾に関しては、同時期の総件数で上位10港内にアレキサンドリア港(1001件)とポートサイド港(577件)をはじめとする3港が含まれています。

2020年にMACNへの加入以来、スタンダードクラブはそのパートナーシップを誇りとしています。

MACNは、リスクの高い管轄区域での幅広い集団行動を通じて業界全体で効率的に機能し、メンバーが業界特有のレベルでの不正腐敗防止コンプライアンスプログラムの実施に関する洞察を共有できるようにします。MACNは、オペレーショナルリスクへの透明性の高いアプローチを維持するための集団行動の重要性を認識しながら、最高水準の倫理的行動と企業市民としてのスタンダードクラブのコミットメントを連携させます。

以下に添付されたMACN「A Decade of Reporting」最新レポートをご覧ください。

カテゴリ: Loss Prevention, Maritime Security

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.